SUPIMASU WORLD

最近、ど〜よ?
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 単管小屋 2 | main | 追突された・・・ >>

BMW F650GS ダカール

 タケが、ハーレーのスポーツスター883から、BMWのF650GSに買い換えた。
正直、相談を受けた時は、883から乗り換えるバイクは何が良いかなぁ〜?って思った。
スポーツスターシリーズってポジションもちょっと変わってるし、エンジンも独特だ。
ソコから、買い替えるバイクって何だろう?って思う。
一般的な人なら、またハーレーシリーズかなぁ〜?って思う。
でも、タケは883のスペックに不足を感じたみたいで、今回、もっとスポーティーなバイクにしたいようだ。
(正直、オレは、アメリカンでドコドコ、のどかに行くなんて、もう15年後でも良い位だと思う)
会社の役員や社長で、バイクで転んで怪我する訳にはいかないとか言う人は、アメリカンに乗って、クルマとの事故に気を付けて乗れば、コーナーでコケるなんて事は滅多に無いんじゃないかなぁ〜と思う。
でも、オレ達はフツ〜のサラリーマンだし、もっとアグレッシブにバイクに乗ったら良いんじゃない?
怪我したら、有給休暇使って(笑)
時には、コーナーで頑張ったり、ジムカーナやって自分の腕を磨くようにするべきだと思う。

それと、若くて、体力のあるウチに、前傾がキツいバイクだったり、重いバイクだったり、足付きの厳しいバイクだったり、曲がらなかったり、的確な操作しか受け付けないバイクに乗っておくべきだと思う。
ラクをするのは、歳をとってからで、ギリギリまで頑張って、ソコからラクをした方が、バイクは長く楽しめると思うんだよねぇ〜

まぁ、タケもスポーツスターからいきなり、スーパースポーツに戻るなんて事も無謀だと思ってるみたいで、大排気量デュアルパーパスモデルのような、アップライトなポジションで、万能に使えるようなバイクを考えているみたいだ。
デュアルパーパスモデルってのはオレも賛成だ。

実際、250ccクラスのオフロードモデルでも、オレみたいなヘタではオフでは持て余しちゃうんで、バリバリオフローダーより、マルチに使えるデュアルパーパスモデルの方が使い勝手が良いもんね。
タケはどうやら、高速を使って、泊まりでツーリングに行きたいみたいなので、高速巡航性能と積載性を重視してるようだ。
(ふ〜ん、オレは300km位までの、日帰りショートツーリング、ワインディングバンバンコースの使い方がメインで、年に1回位、泊まりのツーリングに行けたら良いなぁ〜と思うので、あんまり積載性は求めず、楽しめるハンドリングを優先するんだけどね)
まぁ、バイクに何を求めるか?は個々によって違うから、個々が選べば良いけど。

結果、タケが決めたのは初代F650GS ダカールだった。
シングルエンジン、シングルプラグ、ハイオクの前期型。
ロータックス製エンジンだったかな?
まぁ、刺激は少ないけど、多分、トラブルも少ないバイクだろうと思う。
(何より、中古が安いから、買い易い)
納車されたので、早速、試乗させてもらう。

スタイリングは正直、う〜ん・・・隣にRシリーズ、特にGSは並んで欲しく無い・・・と思う。
GSはカッコ良いもんね。
(でも、体格的にGSシリーズを乗り回すのはちょっと無理がある)
意外なのは、シート高が結構ある事。
足の短いオレはツンツン状態。
でも、車体が軽い、というか、重心が低いようで、安定感は高い。
ハンドルバーは広いし、高い。
この辺りは、大柄な外人をイメージしてるんだろうね。
それと、BMWのバイクは全て、スイッチ類が遠い・・・
外人の手はデカいんだろうなぁ〜
ウィンカースイッチまで、親指が届かない。
F650GSは国産車みたいな左手操作タイプのプッシュキャンセルだからまだマシだけど、Rシリーズとかになると、オレはもうお手上げ。
第一、コーナーの最中に右ウィンカーを出そうと思ったら、一度スロットルを握り直して、右のプッシュボタンを押さなきゃいけないなんて、ありえない。
ミラーがちゃんと見える、ホーン、ライト、ウィンカーのスイッチが意識せず使える位置にあると言う事は、瞬間的な判断が必要な事が多いバイクにとってとても大事な機能だと思う。
F650GSはギリギリ、何とか操作できるけど、できれば、ウィンカーとホーンのスイッチは逆に配置して欲しいなぁ〜。

さて、エンジンをかけるには、キモチ長めのクランキングが必要になる。
国産のインジェクションモデルように、キュルキュル→ボン!!とかかる訳じゃない。
キュルキュル×4位かな?
まぁ、クランキングの長さ以外に、始動性は悪く無いんで、問題ない。
エンジンは650cc単気筒とは思えないほどスムース。
XR650とか、低回転ではガツガツだったし、大体単気筒はガツガツしてるもんだと思うけど、コイツは闇雲にハイパワー、ハイコンプレッションを求めてないみたいで、アイドリングからちょっと上の回転でも、パツンと止まるような兆候はない。
よって、発進、停止を繰り返しても、神経質になるような事はない。

ちょっと乗ってみて、あ、コイツは乗り易いな!!って思ったんで、駐車場の中でUターンをしたり、8の字を書いてみた。
エンジンが低速で粘るので、リアブレーキを使った速度調節も簡単だし、半クラッチも適切に当たる。
たちまち、ハンドルフルロックでUターンができるようになった。
(こういう事が乗ってすぐできるバイクって、スゴくバランスが良いんだよねぇ〜)(笑)
久しぶりにバイクに乗ったんで、つい楽しくて駐車場の中で、しばらく8の字で遊ばせてもらった。

で、今度は実際に公道を走ってみる。
BMWの多くのバイクがそうであるように、エンジンはブ〜ンと色気無く回るだけ。
上で盛り上がるとか、良い音がするなんて事は無い。
マズマズのパワーで、街中を普通に走るには、余る事は無いけど、それなりに走れる。
650ccって言われても、ホントにそんなに排気量あるの?って思う位。
国産400ccオフの方が全然活発に走るけど、BMWが求めているのはそういう所じゃない。
ハンドリングは落ち着いていて、前輪が大きく外を回っていくようなカンジ。
(まぁ、アンダー傾向なハンドリングって事ね)
でも、倒し込みは重くないし、曲がらない訳じゃなくて、ちゃんと曲がっていくから、バンクさせる事に躊躇は無い。
知らない道でも、割とズボラに突っ込んでいけるタイプだ。
で、速度調節が必要になったら、リアブレーキが結構効くから、ライン変更も簡単と。

ふ〜ん、色気は無いけど、道具としてみれば、ちゃんと使える。
スイングアームとか、ただの鉄だったり(笑)クオリティに疑問を感じる所もあるんだけど、ガンガン使う人にとっては、そんな事はどうでも良いんだろうな。
エンジンレスポンスも高速や田舎道を一定速度で行くには、敏感過ぎず良いだろう。
グリップヒーターがあるのは、冬場にありがたいし、パニアケースはワンタッチで脱着可能。
その積載性にはちょっとビックリ。
こりゃ〜、ぶらりと旅に出るには持って来いのバイクかもしれない。

ミエやヒエラルキーを気にしない人には良いバイクだろうなぁ〜。
んで、選んだ人はそういう事をあんまり気にしないタイプだから分からないかもしれないけど、操縦性も悪くない。
BMWのマークはダテじゃない。
(オレなら、もう少しエンジンに色気が欲しいし、外観にはもっと色気が欲しい)
だから、BMWのラインナップから選ぶとしたら、F800Rかなぁ〜(笑)
でも、コレに乗って思うのは、一度BMWのバイクに乗り始めたら、なかなか他社のバイクには乗れなくなってしまうんじゃないかな?って事。
ココまで、ハンドリングに安定感があって乗り易いと、他社のバイクに乗ると不安に感じるんじゃないだろうか?

最初の話題に戻るけど、つまりはコイツもラクなバイクだって事。
50歳位になったらオレもBMWで良いかなぁ〜
それまでは、もう少し、尖ったバイクに乗っていようと思う。
早く、バイクが欲しいぞ!!
- | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする